ハヤシ自動車 ジムニーのカスタムはお任せください

Tailored Jimny(テーラードジムニー)デモカー制作Pj#5 「JB23デモカー 前編」

ついに完成しました!TJデモカー JB23

早速Instagramのフォロワーさんが主催するMTGに行ってきました。

自分でいうのもなんですが・・・めちゃくちゃかっこよく仕立てました!!

それでは「TJ-JB23」こだわりカスタムを2回にわたりご紹介します。

◆TJこだわりポイント1

ベースはあえてJB23前期型をチョイス。後期型になるとベース車両だけでも100万円近くします。

更にここまでカスタムすれば、JB64が買えてしまうくらいの金額になってしまうので、

もっと手軽にお客様がジムニーを楽しんでいただくためにも、お値打ちに買える前期をチョイスしました。

ただし!!前期は賛否両論なのが、通称「ガイコツ顔」と呼ばれるこのフロントフェイス・・・。

◆TJこだわりポイント2

ここは当社の人気メニュー、グリルを変える自由度がある中期型ボンネットへチェンジ!

JB23が現役の時、中期ボンネットは中古部品でも高かったのですが、今はお値打ちになってきました。

キャッチも同時に変える必要がありますが、状態も良く&色が合えばお値打ちに変更できます。

(当社で作業の場合、ボンネットをお客様ご自身で購入いただき当社へ発送もOKです)

F&Rバンパーはハイブリッジファースト、シンプルなグリルはSUZUKIマークも似合います。

◆TJこだわりポイント3

ボディーは今回3台揃えたアースカラー系のカルムなブルーに、

ルーフやパーツは、最近の新車でも人気の艶ありブラックを加えています。

つや消しよりもお手入れが楽艶ありは「今ドキ感」もだせて、スタイリッシュなイメージになりますよ。

ちょっと手間がかかりますが、FJクルーザーライクなツートンラインを演出。

◆TJこだわりポイント4

JB23はサイドに厚みがあり、ぼてっとした印象が出てしまいます。

そこで当社のオリジナルメニュー!フェンダーアーチのブラックアウト化

艶あり黒により、ボディが薄くなる&車高が上がったように見せます。

DIYでは手間がかかる表面のシボを落として艶入れすることで、チープな感じも払拭。

F&Rバンパーは敢えてボディ色。立体感によるインパクトを持たせます。

◆TJこだわりポイント5

タイヤ&ホイールはこちら

タイヤは当社でも人気なトーヨー オープンカントリー R/T

M/Tタイヤのようなアグレッシブさに、A/Tタイヤの安定感がプラス。

そして23には珍しい、JB64純正アルミホイールを組み合わせています。

ここもお客様の予算や入手のしやすさ&人とは違う感を考え・・・当社のチョイスです。

ステッカーも完成しました。

次回もTJデモカーJB23の魅力をご紹介いたします。

ちなみに、この車はPj終了後販売予定です。

作業日誌 JA11編

こんにちは!今日は歴代ジムニーの中でもファンが多い「JA11」のお話です。

当社では「JA11」が愛車のお客様が非常に多かったりします。

新車からお付き合いのあるお客様や、最近購入されたお客様など様々・・・。

良く売れた車種であり、今でも人気なのでみなさん様々なカスタムを施されています。

もちろん、コッテコテのオフロード仕様!というお客様もいらっしゃいますが、

車がデビューしてすでに30年近いため、最近は綺麗に維持する3つのジャンルの仕立てが多いです。

1:ドレスアップ仕様

パーツが今でも多いJA11だけに、内外装やエンジンのパーツが選び放題です。

最新ホイールも似合ったりするのがJA11の魅力ですね。

2:ネオレトロ仕様

ボディレストアと合わせた最近の流行。当社のTJデモカーもこの仕様で作成しております。

こういったアースカラー系が似合うのもJA系ジムニーならではですね。

そして最近多くなってきているオーダーが・・・

3:新車当時仕様

新車で買えた当時のままにしてほしい!とか、当時の内外装パーツを組みたい!

なんてオーダーが多かったりするんです。足回りも増しリーフ&ショックが人気メニュー

このお車を購入したお客様も親子2代でジムニーフリーク。内外装は敢えて純正がベース。

当時流行したタニグチ製外装パーツをこれから組み込みます。

新車時のビニールが残ってました(笑) 内装のやれもほとんどなし。

サイドストライプも非常にいい状態。気になる錆はボディ&シャーシともに皆無です。

JA11だからこそ、あえてノーマル重視という選択もオシャレだと思います。

ちょっとお疲れなエンジンであれば、当社自慢のエンジンオーバーホールをお勧めしています。

さすがに良好なベース車が簡単に見つからないのですが、当社流の探し方で頑張って見つけてきます。

JA系ジムニーをお探しでしたら、ぜひ当社にもお声がけくださいネ。

Tailored Jimny(テーラードジムニー)デモカー制作Pj#4 「ボディカラーを決める」

TJ(テーラードジムニー)デモカーのボディカラー
TJプランの場合、お客様のお好きな色に合わせたボディカラーをご提案いたします。
今回は青空をイメージした、アースカラーの青をチョイス

真っ青な・・・というよりも、季節や天候によってさまざまな変化のある青空

雲間や雪山に見える白みがかった青や、海に映る濃いめの青

そんな様々な表情をみせる青をベースに、シックに振ったアースカラー系にすることで
普段使いもこなせて、どんなシーンでも映えるジムニーを演出したいと思います。

さらに当社のご提案として、同じ色でも服やアクセサリーのコーデで表情が変わるように、
ボディの塗り分けや周辺パーツの違いで、モデルごとに表情を変えてみようと思っています。

さぁ、いよいよボディワークに取り掛かりましょう。

外装パーツは可能な限り外して、パーツごとに塗装します。

ガラスも外してみました。もちろん、どこまでやるかは予算次第で選択が可能です。

ジムニーの大敵、錆がある場所はパテ埋めではなく、錆を除去しながら鉄板を溶接


錆の発生を抑えつつ、表面を成形して仕上げます。

幌タイプのジムニーは、ここまでバラすことができます。

ほとんど原型がないですね(笑) 今回は室内までしっかり塗装しようと思います。

この後はいよいよ塗装です。

一部写真抜粋 photo AC https://www.photo-ac.com/

Tailored Jimny(テーラードジムニー)デモカー制作Pj#3 「デモカーのコンセプト」

みなさまこんにちは!ジメジメした梅雨が続いてますね・・・。

今回制作するTJ(テーラードジムニー)デモカーのコンセプトをご紹介したいと思います。

TJデモカーのコンセプト ~週末トラベラー~

普段の通勤・通学やお買い物などの普段使いを難なくこなせて

いざ週末となったら未知なる場所へいざなってくれる頼もしい相棒

快適性も重視し、パートナーとの大事な時間をしっかりとサポート

そんなアクティブなお客様に楽しんでもらえるようなジムニーを仕立てようと思います。

 

特に、JB23・JA22・JA11Cは同じボディカラーに塗装。

塗り分けやパーツのチョイスで、それぞれ違ったイメージに仕立てようと思います。

次回は、ボディカラー選定と塗装のお話です。

 

一部写真抜粋 photo AC https://www.photo-ac.com/

Tailored Jimny(テーラードジムニー)当社オリジナルカスタムプランのご紹介

ハヤシ流のカスタムである、TJ(テーラードジムニー)プラン

当社はお客様が愛車に想う「こうしたい」を一番大切にしています。


acworksさんによる写真ACからの写真

ジムニーは各モデルそれぞれカスタムパーツが豊富で、様々な仕様を仕立てることができます。

内容が決められたパッケージ販売のコンプリート制作車では、 パーツを選ぶ楽しさも減ってしまうため

カスタムパーツは数多くあるメーカー様のラインナップから、お客様にあった組合せをご提案いたします。

そのため、当社では敢えてカスタムパーツを数多くラインナップしておりません。

当社は、お客様の こうしたい!という思いや大事なご予算をお伺いしたうえで、お客様の愛車や

厳選したベース車両をもとに、当社が最も得意とするエンジンやトランスミッションなど各機関の整備を行い、

サスペンション&タイヤホイールから内外装に至るまで、様々なカスタマイズを行います。

お客様のご意向に沿ったプランで、当社のテーラーがお仕立ていたします。

仕立て屋だからこそ、もちろんアフターサービスもばっちりです。

それがハヤシ流カスタムプラン、Tailored Jimny(テーラードジムニー)です。

ジムニーを通して、お客様と長いお付き合いを楽しんでいきたい。

ぜひ、お客様の「こうしたい」を当社にお聞かせください。

祝!ジムニー50周年 Hayashi TJデモカー制作 #2

Instagramでは先行でアップしていますが、 いよいよTJデモカー制作第2弾の発表です。

新型コロナウイルスの影響もあり、自動車業界も低迷の一途をたどっていますが

せっかくのジムニー誕生50周年を何らかの形で応援できないかと思い、

先日投入されブログで発表したJB64に加え・・・

歴代ジムニーでTJデモカーを制作いたします!

制作するのは、今でも人気の

JB23

JA22

JA11(C)

当社のノウハウ&技術を駆使したデモカーを仕立てることで、

お客様に「TJ」を直接体感していただきたいと思います。

これから1台づつ制作状況を含め紹介していきますので、皆様ご期待くださいませ♪

ちなみにTJデモカーの一部車両は、完成後販売予定です!!

お客様の愛車紹介:GE様 JA22

【G様】平成10年式 JA22 ランドベンチャー

G様の先輩が当社のお客様で、G様も当社でお世話させていただくことになりました。

アーミーグリーンのボディカラーとブラックのパーツ類がワイルドさを出してますね。

光に当たると綺麗なグリーンが現れます。ライトもマルチリフレクター&LEDにカスタム。

内装はシートカバーやステアリングを自分好みにカスタムされています。

みなさんこのロゴご存知ですか?(詳しくは画像をクリック!)

アメリカのアウトドアブランド Prometheus Design Werx -プロメゼウスデザインワークス- です。

オシャレなアウトドアグッズやワッペンがたくさんありますね。かなり気になります!

センス良く仕上がったJA22 今後のカスタム予定は純正フォグランプ装着!とのこと。

これからも先輩と一緒に遊びに来てくださいね。

G様 JA22 Customize Point

  • 全塗装 アーミーグリーン
  • タイヤ トーヨー TRANPATH M/T 195-16
  • ホイール JA22純正 マッドブラック塗装
  • サスペンション 2インチリフトアップキット
  • フロント&リアパイプバンパー
  • マフラー ショップオリジナル砲弾型
  • ステアリング NARDI

作業日誌 エアコン修理の季節がやってきた!

皆様こんにちは、ハヤシ自動車です。

この頃になってくると依頼が多くなる

エアコン修理!!

久しぶりにエアコンONにしてみたら・・・

 

トラブル発生(;´Д`)

 

なーんてこと、結構多いんですよ。

ちょっとぐらいと我慢してたら・・・ご自身が熱中症になる可能性もあります(-_-;)

JA系&JB系前期のジムニーは、この時期良く入庫されますね。

コンプレッサー以外にもコンデンサ、エバポレータ、配管等、劣化でダメになっているのもあります。

ガスの補充だけだったり、破損個所を特定せずに「とりあえず交換」はもったいない!

更に、R12の旧エアコンガスを使っている車で、安易に新ガス134a化するのも要注意。

当社では最初に愛車のエアコンシステムをチェックしてから、修理箇所を特定して修理プランをご提案します。

このほうが修理が二度手間になったり、余計な出費が出るのも抑えられるんですよ。

そして、JA系ジムニーにもう一つおすすめなのが「断熱&UVカットガラス」

エアコンの効きや、直射日光によるじりじりした痛み、日焼けも軽減できます。しかも・・・安いんです(*_*)

グリーンガラスやボカシ機能もあるタイプがありますので、詳細はお問い合わせください。

 

ちなみに比較的新しめなスズキ車でも、エアコントラブルが定番だったりします。

このモデルのワゴンR系は定番修理です。ダッシュボード外さないと直りません💦

最近立て続けに2台も入庫しました(;^ω^)

このお車はヒーターコアからクーラントが漏れるというトラブル!

これから本格的な夏がやってきます。

愛車のエアコンがおかしいと思ったら、その前に是非当社へ相談に来てくださいネ☝

祝!ジムニー50周年 Hayashi TJデモカー制作 #1

2020年 今年はジムニー誕生50周年です。

当社も創立当時より、ジムニーに乗るお客様とともに歩んでまいりました。

そこで、ジムニー誕生50周年を当社で盛り上げるとともに、

当社の技術やノウハウを駆使した、お客様と創る当社カスタムプラン

TJ(テーラードジムニー)を皆様に直接体感いただくため

Hayashi-TJ デモカープロジェクトを始動します👏

今回の企画はスタッフ共々かなり気合が入っています by 社長

 

●デモカー制作企画 第1弾・・・新型ジムニーでTJデモカー制作!

先日納車されましたJB64 新型ジムニー、TJデモカーとして制作していきます。

テーマ:初心者もイケる!アクティブキャンパー向けTJジムニー

実は・・・当社スタッフも社長を含めほとんどがキャンプ初心者💦

そこで、初心者から本格派のキャンパーまで楽しんでもらえるようなカスタムを施します!

折角なので、セミプロ!?キャンパーである社長の婿殿を先生として迎え入れ、

デモカーが完成したら、お客様と一緒にキャンプイベントを開催する予定です。

皆様、新型ジムニーのキャンパー向けTJデモカーにご期待ください!

TJデモカー制作企画・・・ 第2弾は後日発表します

楽しみにしててくださいネ( ´艸`)

 

Hayashi-j 新型ジムニーデモカー納車!JA22と比較してみよう

こんにちは!ハヤシ自動車です。

JB64 2代目デモカーがやっと納車されました。

これからカスタムを始めて、お客様に体感していただけるような車を作ります。

ちょうどお客様のJA22が入庫していたので、並べて比較してみました

新型JB64:新車どノーマル×JA22:3インチアップ

ヘッドライトの位置は新型のほうが高いですね。ボンネット位置はほぼ同じ。

新型は前から見るとノーマルでも顔のインパクトが大きいです!

リアから見ると、リフトアップしたJA22のほうが迫力ありますね。

特にウインドー位置や腹下の見え方が全然違います。

接近してみると、新型のリアバンパーがとにかくデカいので低く見えてしまいます。

ここら辺は追ってカスタムしていきたいですね。

早くリフトアップしてサスペンションやマフラーも見せたい!

新型のサイドウインドーからJA22を見てみました。

新型は窓がデカい!ドアミラーもデカいので視界も良好。運転しやすそうですね。

それを考えると、車高上がった感はJAジムニーのほうがあるかも?

新型でネオレトロ感を出すか、JAで雰囲気だけでなく本当に旧車感を出すか

どっちもいいので甲乙つけがたいですね!ぜひ当社に悩みに来てください(笑)